アクセスを集める濃い記事を簡単に書ける方法がありました!

目安時間:約 7分
FAAP実践記

『アクセスを集めるには濃い記事が必要!』

 

ブログにアクセスを集める方法の情報を
集めていると必ず目にするのがこれです。

 

 

この『濃い記事』という言葉ですが
人よって少しずつ考えが違います。

 

そんな『濃い記事』の意味をここでは
狙っているキーワードでgoogle(検索エンジン)の
検索結果で上位表示される記事として話をすすめて
いきますね。

 

 

『濃い記事を書くのは難しい』

 

これが、多くの人の共通の認識です。

 

 

でも、必ずしも難しいとは限りません。

 

やり方によっては簡単に書けるようにして
しまうことも可能です。

 

 

それではどうすれば簡単に書けるように
することができるのか?

 

 

詳しく説明していきますね。

 

濃い記事を簡単に書けるようにする方法

 

それでは、濃い記事を簡単に書けるように
する方法をお伝えしていきます。

 

 

濃い記事とは狙っているキーワードで
google(検索エンジン)の検索結果で上位
表示される記事のことでしたね。

 

 

それではどいう記事が上位表示されるのか?

 

googleに他の記事よりユーザーに
有益な記事であると認められた記事が
上位表示されます。

 

 

有益と認められるには

 

・他の記事に書いてあることより情報が豊富
・オリジナリティがある

 

ことが必要と言われています。

 

 

ライバルが多ければ多いほどオリジナリティを
出すことは難しいことはわかりますよね。

 

また、ライバルが多いキーワードで他の記事より
情報が豊富というと3000文字、5000文字、
10000文字・・・

 

 

と膨大な文字数の記事が必要になって
きます。

 

でも、ライバルが少なければサーっと
書いた記事がオリジナリティのある記事に
なる。

 

そして、500文字程度の記事でも上位表示が
可能になります。

 

もう、ここまで書けば答えがわかったと
思いますが、そうです!

 

ライバルの少ないキーワードなら濃い時期
(アクセスを集める記事)が簡単にかけるんですね。

 

 

初心者をはじめ多くの人は、オリジナリティの
ある記事なんて書けません。

 

そして、膨大な文字数の記事も書けないですから
ライバルの少ないキーワードを選ぶ!

 

これが濃い記事を簡単にしてアクセスを集める
早道です。

 

 

でも・・・

「ライバルの少ない記事で上位表示されたって
アクセスは集まらないんじゃない?」

 

ここでこんなことが疑問に思う人もいるかも
しれません。

 

 

でも、安心してください!

 

需要があるけどライバルが少ないキーワードは
たくさんあります。

 

需要があるけどライバルが少ないキーワードの実例

 

ライバルが少ないキーワードわんさか
ありますが、その実例を紹介する前にライバルが
少ないとは?

 

 

ということを定義しておきます。

 

1 検索結果の上位(1ページ目に)に無料ブログや
Yahooの知恵袋が含まれている。
2 狙っているキーワードがタイトルに含まれている
サイトが少ない

 

 

2を確認するにはallintitle:+キーワードで検索すると
確認できます。

 

 

それでは需要があるけどライバルが少ないキーワードの
実例を紹介します。

 

こんかい実例として紹介するのはこちらです。

 

「amazon ダンボール 処分」

 

 

この3語でキーワード検索すると1ページ目に
無料ブログとYahooの知恵袋が登場します。

 

上位表示サイト

 

この状況はライバルが弱い可能性の高い状況です。

 

ライバルはいくつあるかというと4つでした。

 

 

ライバルサイト

 

それでは、本当に需要があるのか?

 

キーワード プランナーで需要を
確認した結果がこちらです。

 

キーワードプランナー結果

 

いかがですか?

 

ライバルがガラ空きのキーワードでもがっつり
需要がありますよね。

 

このようにライバルが少ないけど
需要のあるキーワードは本当に存在します。

 

ですので、そんなお宝キーワードを見つけて濃い記事を
簡単にしてくださいね。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ