キーワードを外注化!納品されたキーワードのよくある問題点とは?

FAAP実戦記

 

最近、キーワードを外注さんにお願いするように

なりました。

 

キーワードはFAAPの付属マニュアル

誰でもキーワード選定マニュアルを使って

集めてもらいました。

 

集めてもらったキーワードは良いところも

あるのですが、良いことばかりではありません

でした。

 

 

集めてくれたキーワードは、そのまま使うと

ちょっと問題がありそうなものも含まれて

いたのです。

 

 

その問題とは何なのか?

 

その問題を知らずに外注さんにタイトルや

記事を書いてもらうとお金を無駄にして

しまうこともあるので、ぜひチェックして

くださいね。

 

 

納品されたキーワードのよくある問題点とは?

 

「誰でもキーワード選定マニュアル」で集められた

キーワードは、ライバルが少ないとされるキーワード

です。

 

 

ですから、そのまま使っても良いと思ってしまい

ますよね。

 

でも、納められたキーワードは、もう一つのライバル

チェックでライバルがわんさか存在することも

あるのです。

 

ですから、納品されたキーワードは必ず

もう一つのライバルチェックをしてから使うことに

しました。

 

 

もう一つのライバルチェックとは?

 

「もうひとつのライバルチェック」は、狙っている

キーワードがすべてタイトルに含まれているページが

いくつあるかというチェックをしています。

 

このチェックはYahooやgoogleで頭に

allintitle:を付けて検索することで

確認することができます。

 

 

例えば、狙っているキーワードが

「目元 クマ 改善」の3語なら

 

allintitle:目元 クマ 改善

 

を検索窓に入れて検索します。

 

ライバルの数は少なければ少ないほど

良いのですが、納品さされたキーワードは

ライバルが100以上のものも存在します。

 

 

ちなにみ、まだまだブログパワーが

弱い私は、ライバルが10個以内のキーワードを

狙うようにしています。

 

 

それでは、キーワードの外注化はダメなのかと

いうとそうは思っていません。

 

なぜならちょっとした簡単な方法でキーワードを

入れ替えることができるからです。

 

 

納品されたキーワードの入れ替え方法

 

allintitle:を使ってライバルが多く存在する

ことが判明したキーワードをライバルが少ない

キーワードに入れ替える方法を紹介します。

 

まずは、ライバルが多いキーワードを

googleで検索します。

 

するとほとんどの場合、最下部に”関連する

検索キーワード”が表示されます。

 

 

「もうひとつのライバルチェック」に該当する

キーワードの”関連する検索キーワード”は

「もうひとつのライバルチェック」に該当する

ものがすごく多いです。

 

ですので、”関連する検索キーワード”に表示

されるキーワードを一つ一つクリックして

「もうひとつのライバルチェック」に該当する

キーワードを探します。

 

で、みつけたキーワードをallintitle:で

チェックします。

 

すると、高確率でライバルの少ないキーワードが

見つかります。

 

これで、ライバルの多いキーワードをライバルの

少ないキーワード変換することができるわけです。

 

さらにこれを繰り返せば、ライバルの少ない

キーワードをどんどん増やしていくこともできます。

 

 

キーワードの入れ替えの実例

 

文章の説明だけだとわかりにくいこともあるかと

思います。

 

ですので、実際に納品してもらったキーワードと

画像を使って説明しますね。

 

 

●ライバルが多かったキーワード「家の掃除 毎日」

 

 

「家の掃除 毎日」をallintitle:で検索したら

ライバルが約349件ありました。

 

キーワードの入れ替え

 

 

 

このキーワードで表示された関連キーワードが

こちらです。

 

キーワードの入れ替え

 

 

ここに表示された関連キーワードをひとつひとつ

調べるのですが、この中では「家の掃除 順番」が

ライバルの少ないキーワードでした。

 

ライバル件数は約2件!

 

 

ひとつひとつ調べると言葉で聞いてしまうと

大変そうに思うかもしれませんが、ものの数分で

終わるのでたいへんなことはないです。

 

 

聞くだけだとピンとこないと思うのでまずは

いちど実際にやってみてください。

 

ちなみに関連キーワードは、テキストファイルなどに

貼りつけてから作業した方が作業しやすいです。

 

 

 

 

キーワードを外注化したときのメリットは?

 

ここまで読んた感想はどうでしたか?

 

もしかするとお金を払ってライバルの多いキーワードが

納品されるなら無駄と思われたかもしれませんね。

 

でも、外注さんが納めてくれるキーワードは、

自分では思いつかないキーワードが納品されます。

 

ですので、自分では見つけることのできない

ジャンルのお宝キーワードを手に入れることも

できるでしょう。

 

また、自分では絶対に扱わないジャンルの記事を

ブログに入れることができるのでお宝テーマを

発掘することへの足掛かりにもなるはずです。

 

ですので、キーワードを外注化してよかったと

いうのが素直な感想です。

 

 

まとめ

 

外注さんに集めてもらったキーワードは万全とは

いえません。

 

でも、「誰でもキーワード選定マニュアル」に該当する

キーワードを見つける手間が省けます。

 

 

また、自分では絶対に開拓できそうもないジャンルの

キーワードを集めることもできます。

 

 

ですので、テーマが選べないという人は特にキーワード

集めを外注化することを考えてみてはいかがでしょうか。

 

そうすることで報酬を増やすチャンスも多くなると思います^^

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ