良い外注ライターの見極め方とは?【外注あるある】 

目安時間:約 12分
FAAP実戦記

外注さんに仕事をお願いしているとある一定の傾向というか
同じようなケースにでくわします。

 

その傾向を知ると外注さんとの付き合い方や対処も事前に
考えることができます。

 

また、良い外注さんを見極められる傾向もあるのでぜひ
参考にしてください。

 

感想の反応でわかるライターさんのレベル

 

外注さんのくれた記事にはなるべく感想を書く
ようにしています。

 

 

その感想への反応は、ライターさんによって
さまざまです。

 

 

まったくスルーの人もいますし、コメントが
ある人でもほとんどは

 

「褒めていただきありがとうございます。」

 

といった内容です。

 

 

多分、自分がライターだとしたら、やっぱり
ここに入ると思います。

 

 

そんな反応の中で、ゴクゴク一部の人は。

 

お礼とともに”励みになります”という言葉が
返ってきます。

 

 

それとともに「○○の記事を書いて勉強に
なりました」というコメントが
書かれています。

 

で、これに当てはまるライターさんはみんな
とても良い記事を書いてくれるんです。

 

 

どんな記事を書いてくれるかというと
こんな記事です。

 

    • 先が読みたくなる前書き
    • 読みやすい文章
    • 読んで得られる情報がある文章
    • ひき込まれる文章

 

で、私がどう思うかというとこんな安い
単価でこんな記事を書いてもらって
申し訳ないということです^^;

 

 

もう一度どういうライターさんかを
完結にまとめます。

 

★感想に対して”励みになる”というライターさん
★記事を書いて”勉強になりました”というライターさん

 

 

これにあてはまるならかなり優秀なライターさんの
可能性がありますので、大切にしてくださいね^^

 

それともう一つ付け加えるとこれに該当する
ライターさんの記事は、感想がスラスラ書けて
しまいます。

 

感想が書けるということについては、人による
ところもあるので参考程度で覚えておいて
いただければと思います。

 

こんな記事書くライターさんじゃなかったのに・・・

サンプル記事を書いてもらって採用を決めている
ライターさん。

 

 

とうぜん自分で決めた基準はクリアしてもらって
いるはずですよね。

 

 

でも、サンプルを書いてもらったときには
問題ない記事をかいてくれたのに、本番では

えっ・・・

 

 

という記事を納めてくることがあります。

ここで言っている最低の基準というのは
こちらです。

 

 

★指定したキーワードが使われている
★タイトルに対する答えが書かれている

 

 

これが満たされていない記事が納品
されるんです。

 

 

ライターさんにあまり多くのことを要求
しないとしても、キーワードを使う
こととお題に対する答えが記事にある
ことは基本中の基本です。

 

ですので、この2点はしっかりと満たして
もらわないといけません。

 

ですので、そんな記事が納められたときには
しっかりと修正してもうらうために指示を
しています。

 

この指示は、けっこうな効果があって
すごく良い記事を書いてくれるように激変
するライターさんは少なくありません。

 

 

たぶん、どう書くかばくぜんとしていた
ところに基準ができるからなのかなと
思います。

 

で、どんな指示を出しているかというと
上記の2つを満たしてもらうように指示
するだけです。

 

その指示書はFAAPの特典として
差し上げています。

 

ですので、これからFAAPを
買う予定のある人はFAAPとともに
『外注さんの記事を一変させた指示書』も
手に入れてくださいね。

 

 

『外注さんの記事を一変させた指示書』の
詳しくはこちらでごかくにんください、
→ 外注さんの記事を一変させた指示書【FAAP特典1】

 

 

体調が悪いはずの外注さんが・・・

外注さんも人間です。

 

急に体調が悪くなることもあれば、予定外に
忙しくなってしまうこともありますよね。

 

 

そんな時には、

体調が悪いので少し納品が遅れます

とか

 

用事が詰まってしまったので納品を先に
延ばしてもらえませんか?

 

 

という連絡がくることがあります。

 

 

こんなときには、

 

「無理しないで体調回復を優先
してくださいね」

 

とか

 

「大切な用事を優先してもらってかまいません。」

 

という返事をするようにしています。

 

 

なんの連絡もなしにズルズル納期が遅れる
外注さんがいることを考えると連絡をしてくれる
人は誠実ですよね。

 

って関心していると”あれあれ”ということが
あったりします。

 

外注さんのプロフィールページを見ると
受注状況や納品状況がわかるのを知って
いますか?

 

納品が遅れることを連絡してきた外注さんの
プロフィールページを見たら、新しい仕事を何件か
契約していたり、納品完了していたり
することがけっこうあるんです・・・

 

「あれあれ体調が悪いんじゃなかったの?
ガンガン仕事してるじゃないですか~」

 

と思うわけですが、そんな時には見なかった
ことにしてスルーしています^^;

 

記事のデキが悪いライターさんほど要求が多い

 

「テーマを変えてください。」
「単価を上げてもらえませんか?」

 

あまり多くはないのですが、ときどき
初回からこういう要求をしてくる
ライターさんが出現します。

 

まあ、テーマの変更はしかたないかなと
思うのですが、問題なのは要求の内容では
ありません。

 

もんだいは、そういう要求をしてくる人の
記事のレベルなんですよね~

 

なぜか要求してくる人の記事はボロボロです。

 

読みにくい・・・
一文がいじょうに長い・・・
キーワードに対する答えがない・・・
内容が意味不明・・・

 

という感じです。

 

 

理由はわかりませんが、はっきりものを
言う人は文章が苦手なのでしょうかね^^;

 

最初は単価アップを言ってくるって
良いライターさんかも!

 

と期待したのですが、最近は
「あ~あ、ダメか・・・」と思う
ようになりました。

 

えっ!やめちゃうの?

すご~く良い記事を書いてくれて
コンスタントに納品してくれる。

 

そして、コミュニケーションも良い
感じでとれている。

 

「よ~し!このライターさんには、
これからもいっぱい記事を書いて
もうらぞ~」

 

と思っていると

 

「すみません。ホントはもっと続け
たいんですけど、今回で終了させて
もらいます」

 

ってなことをいきなり言われます。

 

 

こっちからすると

 

「えーーーー!良い関係だったじゃないですか~」
「なのになんで継続してくれないの~」

 

と思うわけですよ!

 

このケースの継続終了ってどんな理由だと
思います?

 

実はこのケースは出産まぢかの妊婦さん
なんです。

 

これではしかたないですよね。

 

ということで、良い記事を書くライターさんと
良好な関係をきずけていると安心ばかり
していられないというお話でした。

 

まとめ

外注さんの行動パターンというか傾向をお伝えして
きましたが、いかがだったでしょうか。

 

 

レベルの高いライターさんの特徴は

 

★感想に対して”励みになる”というライターさん
★記事を書いて”勉強になりました”というライターさん

 

でした。

 

感想をちゃんと受け入れて励みになるという感性。
そして、流れ作業のように記事を書くのではなく
記事を書くことで学べるという向上心のある人が
レベルが高い。

 

これは、当然のような気がします。

 

そんなライターさんの記事はきっとあなたの
ブログに多くのお客さんを集めてくれるので
大切にしてくださいね!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ